2006年03月03日

梟公爵・男爵cの使用感レポート

 rureyさんがオウルバロンcを42M(?)で落札。いつものように貸してもらい使用感などを確認してみました。

■発動率の検証
 ・方法:
 ぷち強い風フランベルジェとオウルバロンc挿しクリップを装備した状態で、ハンターフライに攻撃しAS発動回数と攻撃回数を調べる。

 ・結果:
 LA発動回数/全攻撃回数:40/700
 発動率:5.71%
 LB5発動回数/全攻撃回数:33/700
 発動率:4.71%

■使用感
 オウルバロンcの効果であるLAの発動率は5%前後で、運が良ければ2〜3回続けて出ることも。
 確率は低いがLAがASボルトなどに乗ることもある。
 また、セット効果のLB5も発動率5%前後で、宝剣のASボルトと同程度かそれ以上のダメージが出る。
 ウインドゴーストcのJTと違いノックバックが発生しないため、こちらの方が扱いやすい。
 アクセサリー欄を2つとも使ってしまうが、風属性攻撃が有効な狩場ではかなり効果的な装備だと考えられる。


 宝剣クルセなどのAS魔法を有効に使えるタイプにとっては非常に魅力的なカードですが、オウルバロンcの産出元はアルデバランのギルドダンジョンかカード帖なので、値段も非常に高額です。AS系装備を一通り揃え終わり、ASを極めたい人向けのカードでしょう。
posted by Raika at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝剣クルセ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。