2006年04月12日

食材を集めよう

 kROで実装されている料理システム。各ステータスを一定時間上げることができ、ブレス・IAなどの支援スキルとは競合しないため、これまでの限界を超えることが可能な魅力あるシステムです。

 料理を作るには食材が必要となり、その食材の種類は様々な収集品や回復アイテムとなっています。1つの料理を作るために必要な食材の数はまちまちで、大量の食材が必要になるものもあります。

 合計60種類ある料理の中から、宝剣クルセ・パラディンにとって便利そうなものは以下の通り。


■ルティエおばさんのチヂミ(STR+5)、豚バーベキュー(STR+7)
 STRを上げる食品の内、食材を集めやすいのが上の2つ。チヂミに必要な食材の内、非売品なのはハチミツ2個だけなので大量生産も可能かもしれません。
 豚バーベキューも火種や木屑といった手に入りやすい収集品で作ることができ、効果も高めです。白ハーブを大量に使い、料理成功率が低めなのが難点。

■すべすべ麺(AGI+2)、コウモリの羽のカボチャ煮込み(AGI+5)
 AGI上昇系料理は食材の確保が難しい傾向にあるようです。
 すべすべ麺は全食材がNPCから購入可能(カボチャの頭はニブルの商人から購入)。お金さえあれば大量生産が可能です。
 カボチャ煮込みの食材も比較的調達が容易で、かつ効果も高めです。ヒナレの葉はアマツ・アユタヤ辺りで集めるか露店から。

■マステラ酒(INT+5)、赤いきのこのワイン(INT+6)
 マステラ酒の材料の内非売品なのはマステラの実、アルコール、青ポーション。アルコールと青ポーションはアルケミの製薬で調達可能です。また、マステラの実は露店で簡単に手に入ります。将来的にはNPC販売も。
 きのこワインの材料で非売品のものはアルコール、きのこの胞子、ぶどうジュース。きのこの胞子が大量に必要になるので、調達ルートを確立しておくといい感じ。

 INT上昇系料理は10種中4種でアルコールが必要となります。また、青ポーションを使う料理も2種類あるので自キャラか知り合いにアルケミがいると楽になります。


 現時点で材料の調達が楽そうな料理はこんなところです。特にINT上昇料理はSP回復力の向上、MATKの増加と恩恵が多いので、今のうちに食材を集めておくと良さそうです。

 
posted by Raika at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝剣クルセ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。